北海道でおすすめの電力会社ランキング

トップページ > 電力の豆知識 > 電力自由化に対応している北海道の電力会社とは

電力自由化に対応している北海道の電力会社とは

 電力自由化に伴い、自由に電力会社を選べるようになりました。しかし北海道では十以上もの会社が計数十にも及ぶ電力プランを提示しているため、どういった基準で選べばいいのか迷う方も多くなっています。電気料金単体での安さを重視するか、灯油や携帯、ガス料金とセットでお得なものにするかによって選択肢は変わってきます。
まずは現在のご家庭での支出の状況を見ておくようにしましょう。出費が高くなっている項目とセットで安くなるようなプランがあれば、そのサービスを検討してみるのもおすすめです。北海道では兎角冬場の暖房器具や灯油、ガス等の費用がかさみがちなので、それらがお得になるものを利用するのも効果的と言えるでしょう。インターネットを利用すれば各社の詳しいプランをじっくりと調べたり、複数の電力会社の料金を一括で見比べられるので便利です。しっかりと見比べて納得の行くプランを選択しましょう。


電力自由化で北海道でも最適プランの検討を

 電力自由化によって、現在は一般の方でも自由に電気の購入先や、様々な電気料金プランが選べるようになりました。電気料金自体の価格競争ではある程度の限界があるため、携帯会社やガス会社など色々なものとセット割でPRしているところや、発電の基となるエネルギーがエコである事をウリにするところなど様々です。北海道でも電力自由化に伴い、エゾデン、大東エナジー、楽天エナジー、HTBエナジー、auでんき、北海道ガスなどが特徴を生かした電気料金プランを出しています。
また、北海道電力自体もこれらの新規参入の事業者に対抗する為に新たなプランも出してきましたので、一度、電気の購入先や数々の電気料金プランから、ご自分の家に一番適したものはどれか検討されることをオススメします。きっとあなたのご家庭にぴったりのプランが見つけられます。


電力自由化は北海道では灯油との兼ね合い

 日本は南北に細長い地形になっています。北部では1年の半分を雪の中で過ごします。南部になると雪はほとんど降らず、冬でも温暖な気候の中で生活ができます。かなり環境が異なると言っていいでしょう。北海道は北部の中でも最北端の地で、冬はマイナスになるのが当たり前です。一般的な地域の暖房といえば、最近はエアコンを利用することが多いようです。
集合住宅では灯油によるストーブが使えないところもあります。一方、北海道は非常に寒いので灯油は欠かせません。エネルギーとの関わりには灯油を販売する会社の利用もあります。電力自由化で選択したい会社として、灯油の販売会社があります。生協系の会社になりますが、灯油を定期的に配達してくれるサービスも行っています。灯油と電気とを組み合わせることでエネルギーのコストを下げられる可能性があります。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP