北海道でおすすめの電力会社ランキング

北海道の民間電力会社を利用しましょう

電力自由化が始まって随分経ちました。北海道という広大な土地にお住まいの方にも関係のある話です。計帯電話のキャリア企業やガス会社、その他インフラ関係の企業が電力という分野にどんどん参入してきています。その情報を仕入れるほど、お得にリーズナブルに電力というものを利用することができますので、ぜひ情報を積極的に集めていきましょう。

インターネットで検索をすればあらゆる電力供給会社のホームページが見つかります。詳しい仕様や料金などに関しても掲載されていますので、閲覧して内容をご確認いただくことをおすすめいたします。口コミサイトや比較情報サイトなどで電力供給会社のランキングを確認すれば、わかり易いでしょう。

現在スマートフォンなどで利用しているキャリアの会社とそのまま電力契約を結べば、その分会員割引のような得点を受けられるところもあります。詳しくはキャリアの公式サイトをご閲覧ください。電力は目に見えませんし、実際利用する分に関してはどこの企業も同じです。しかしお値段やサポート関係のサービスに差があります。そのことを踏まえ、ご利用されることが得策です。

ハルエネ

総合評価 ★★★★★
サービス内容 ★★★★★
使いやすさ ★★★★
満足度 ★★★★★
掲載情報量 ★★★★★
公式サイトはコチラから

電力自由化になりハルエネでも積極的にサービスを拡大して、お客様がより快適に安く電気を利用できるように頑張っています。そんなハルエネで料金プランもいろいろと取りそろえられています。これを見ればきっと加入したくなるはずです。

ハルエネでは、企業、会社向けの電気料金、家庭用の電気料金、お店や、会社と家庭の電気を共通利用しているお客様それぞれにあった、料金プランを用意してくれています。やすいだけだなく、サポート体制も万全です。

優待してもらえる飲食店もあったりといろいろな特典が加入するとついてきます。もちろん、やすいだけでなく、サービスや保障もばっちりの会社なので信頼できます。毎日使う電気だからこそ電力自由化をきっかけに見直して見てください。

ほくでん

総合評価 ★★★★
サービス内容 ★★★★
使いやすさ ★★★★★
満足度 ★★★★★
掲載情報量 ★★★★
公式サイトはコチラから

電力自由化により、様々な会社から電気を購入することができるようになっています。ですので、なるべく安いところであったり、なるべくサービスの良いところに変更しようと検討している人も多いのではないかと考えられます。

そんなときには、ほくでんに変更してみてはいかがでしょうか。ほくでんでは、様々な料金プランがあります。それは、状況に応じたプランを打ち出しているからです。ですので、自分の家庭に合ったプランを選ぶことができます。

例えば、主に夜間に蓄熱する電化製品を利用する場合は、夜間の電気料金が低く、昼間の電気料金が高くなる時間帯別電灯(ドリーム8)があります。他にも様々なプランがありますので、良い電気の契約ができるのではないでしょうか。

Looopでんき

総合評価 ★★★★
サービス内容 ★★★★★
使いやすさ ★★★★
満足度 ★★★★
掲載情報量 ★★★★
公式サイトはコチラから

電力自由化によって消費者が電力供給会社を選ぶことができるようになりました。Looopでんきにはご家庭、事業所などの低圧のお客様に対しては2つの料金プランをご用意しており、おうちプランであれば、3人家族の場合は東京電力利用想定と比べ年間約14700円お得になっています。

低圧のお客様のもう一つの料金プランとして事業所・商店向けであれば、ビジネスプランがお得です。これも東京電力利用想定に比べて年間82200円お得になります。どちらも基本料金0円なためにお財布にやさしいプランと言えます。

お申し込みもとても簡単で、WEBサイトからのお申込みを受け付けており、最新の検針票をご用意いただき、必要事項を入力するだけなため、担当の方とお話し合いをする手間もありません。お電話のお申し込みは承ってない為にとても便利です。

ソフトバンクでんき

総合評価 ★★★★
サービス内容 ★★★
使いやすさ ★★★★
満足度 ★★★★
掲載情報量 ★★★★
公式サイトはコチラから

近年の政府が行ってきている景気刺激策はいろいろとありますが、なかなか効果が発揮されてきていません。一時的には効果もあったのですが長期的には前途は厳しい状況です。そんな状況ですが一方では将来に向けて改革も行われてきています。

それが古くから日本にあった規制の緩和あるいは撤廃になります。以前から特定の業界や業種においては一定の規制をかけており、それが既存の企業や団体を保護してきており多くの国民の利にそぐわないとの批判がありました。それを緩和や撤廃することであらたな動きを経済界で起こすことで、経済の活性化や国民に利をもたらそうとしています。

とくに今年においては電気の購入先を自由に決めることが出来る電力自由化が実施されました。これまで電力に関係ないような異業種からの参入が相次いでおり、それがきっかけとなってお得な料金プランやサービスなどが提供されてきています。ソフトバンクでんきなどのように、従来のサービスと電気販売をセットにしてよりお得になるプランなど、規制緩和にふさわしい動きとなってきています。

HTB-energy

総合評価 ★★★
サービス内容 ★★★★
使いやすさ ★★★
満足度 ★★★★
掲載情報量 ★★★
公式サイトはコチラから

HTB-energyでは電力自由化に向けて様々なサービスを行っています。電力自由化になったことで消費者は電気会社を選ぶことができるようになりました。何を基準に選べばいいのかわからないという方にこちらのHTB-energyはとてもおすすめです。

料金プランが低価格なので利用しやすいです。さらに、24時間安心のサポート付きで、いつでも困ったときに電話をかければかけつけてくれます。料金プランも重要ですが、サービスやアフターフォローがしっかりしているところは信頼できます。

こちらの会社ではご家庭、会社で使う電気量の違いを考えて、それぞれにあったプランを用意してくれています。低価格で高品質のサービスを受けられるのはこちらのHTB-energyです。是非チェックしてみてください。

いちたかガスワン

総合評価 ★★★
サービス内容 ★★★★
使いやすさ ★★★
満足度 ★★★
掲載情報量 ★★★
公式サイトはコチラから

電力自由化に伴い、いちたかガスワンは保安を最優先とした企業運営を行っています。そして保安認定販売事業者として、お客さまの安全を守るため、集中監視センターにて24時間365日、昼夜を問わず万が一の非常事態に備えています。

いちたかガスワンではさらに、一酸化炭素中毒事故防止対策として、自社CO事故防止マニュアルに基づく給湯機器設備基準を設け、事故撲滅に努めています。大量のガス漏れが発生したときは、異常を感知して自動的にガスを遮断します。

いちたかガスワンの料金プランは、LPガスの輸入価格に為替、船賃を加えた額を算出し、先月までとの価格差異を算出して、その差異を先月の調整額に加算、減算をして決定しています。地域や配送場所で料金が変わる場合があります。

電力自由化における北海道のマンションでの注意点

基本的に電力自由化にともなって、北海道に点在するマンションやアパートで住んでいる人も自由に電力会社を決めることが出来ます。
しかしマンションやアパートの世帯全てが、電力会社と一括して契約を行うこともありますので、申込みを検討している時には注意しなければなりません。個人で自由に電力会社を選択することが出来ません。具体的には低圧で契約を行っている時には自由に電力会社を決めることができますが、高圧一括受電を選んでいる時には個別では不可能です。
個別で契約ができない高圧一括受電ですが、生活していく上でメリットもあります。それはロビーなどで利用する電気は高圧となっていますが、料金が安くなっているのでマンション自体の電気代を抑えることができます。入居者も支払うマンションの管理費用を安くすることができますので、メリットを感じながら生活する事ができます。


電力自由化に伴う機器を北海道のマンションで設置

色々な電力自由化に伴う機器を自宅へ設置することになりますが、北海道に点在しているマンションなどでも設置している家庭が増えてきました。
その中で必要不可欠なスマートメーターを設置することになりますが、北海道に点在しているマンションの管理内容はバラバラなので、勝手に行うと違反にあたることもあります。様々なケースが考えられるので、電力自由化を個人で検討している時には、あらかじめ大家さんなどに相談をしておくといいでしょう。大家さんが事前に指定の電力会社を決めていた場合には、個々に電力自由化に伴って契約を行える場合は、自由に契約先を選べるようになっています。
そしてメーターの交換について、勝手に行っても問題ありません。決して違反行為に当たらないため、安心して依頼をしてもいいでしょう。所有しているのは電気会社となっているためで、わざわざ大家さんなどに連絡する必要はありません。


電力自由化のメリットを北海道で感じる

北海道で生活している人は電力自由化によって、電気料金を割り引くこともできます。各地域で既存の電力会社がありますが、様々な契約条件を検討しながら電気を利用することができます。検討した結果、今まで通り既存の電力会社と契約を続けても問題ありませんが、新しく電力事業に参入した企業と契約をしても構いません。
また北海道以外の地域にある電力会社と契約を行うことも可能となっていますが、サービスや料金の内容を比較しながら決めましょう。その中でサービスの選択肢を増やしていくメリットを生み出すことができます。これは必要経費を全て計算していく既存の電力会社と異なり、それぞれの企業で特化しているサービス内容を割引することもあります。
例えば住宅メーカーならば省エネ住宅を電力自由化によって提供することができたり、携帯電話などの料金を電気料金とセットにして割引するものもあります。幅を広げながら、北海道で快適な生活を送ることができます。

カテゴリー

PAGE TOP